不動産ニュース考察

不動産に関わるニュースを解説し、与える影響を考え、これからの不動産・住まいを検証。法律改正や事件、社会情勢など。

 ・負動産、死有地、ゴーストタウンから逃れるために
 ・人口減少時代の土地問題
 ・限界マンションの予兆が見えたらお住み替えを
 ・空き地・空き家が増加する現状の自己防衛策
 ・マンションの現状と未来
 ・維持するコストを考えた判断が必要
 ・新築から中古へ、不動産への配分は少なめに
 ・空き家対策が続々と出てきましたが
 ・自然災害に人工的な力で対抗しても敵わない
 ・来年、不動産市場、社会、経済と変化がありそう
 ・不動産投資を甘く見過ぎませんように
 ・民泊、外国人所有、ペット飼育の可否と資産価値
 ・検査機関が機能しない背景
 ・作業や設計が信頼できないなら結果で判断するしかない
 ・欠陥住宅は見抜けない、その後の対応が大切
 ・大手でも安心ではない、という現実から
 ・災害にはいろいろあることを忘れずに
 ・災害には対抗ではなく逃げるのみ
 ・自宅の危険度は人生に大きな影響
 ・流れるニュースが対照的すぎる
 ・東京スラム化となれば不動産大暴落
 ・老後の住処を自由に選ぶために
 ・マイナンバーと不動産取引
 ・購入後の愛情で経済的な恩恵を
 ・不動産流通・仲介もグローバル化へ
 ・空家だけではなく問題が山積
 ・住宅不動産が一人負け
 ・空き家率が30%を超えるとスラム化
 ・外国資金の流入が続いたら
 ・お金を使うことしか発想できないのは芸がない
 ・ワンパターンな住宅政策の公約
 ・これからは中古マンションの時代
 ・再増税目前で不安感がピークに
 ・再増税の駆け込み需要を前に
 ・空き家問題は自己防衛しかない
 ・空き家対策に税制のみでは不足
 ・中古住宅の価格構成には心理面が影響
 ・問題山積の宅建業法
 ・マンション難民、単純な問題ではない
 ・ソチ五輪と大雪のニュースに隠れて
 ・政府のご都合的な住宅政策
 ・住まい給付金制度で中古住宅市場が変わる
 ・消費税増税の動きと購入時期
 ・建物評価基準を変えるだけでは足りない
 ・勝ち組住宅の特徴
 ・新政権による不動産関連政策(案)
 ・政治に期待したいのは根本的な制度づくり
 ・中古住宅市場が活性化する兆し
 ・消費税増税と購入のタイミング
 ・築60年が当たり前?
 ・空き家の管理不行き届きが罰せられます
 ・液状化危険度の調べ方、地盤調査と液状化対策の方法
 ・無縁社会の正体
 ・中古住宅保険
 ・賃貸住宅の借りて保護政策
 ・不動産取引と流通の行く末
 ・ハウスメーカー倒産の被害
 ・都市計画変更の影響
 ・'09追加経済対策素案を見て
 ・年明けから次々と倒産
 ・またもマンション大手が倒産
 ・タワー型賃貸マンション
 ・不動産業界の大型倒産2008
 ・不動産会社倒産の傾向
 ・200年住宅の優遇から見た今後
 ・不動産トラブル事例データベース
 ・相次ぐ不動産関連会社の倒産
 ・200年住宅実現に向けて
 ・200年住宅に異議あり
 ・200年住宅
 ・200年住宅(続:解説)
 ・個人の自由と公共への配慮の境目
 ・中古住宅市場の取引活性化支援策
 ・景観規制
 ・欠陥住宅補償制度
 ・つくばエクスプレス開業1年
 ・タウンセキュリティー
 ・建売住宅でも耐震強度不足
 ・住宅コストの上昇
 ・東急電鉄による中古住宅販売
 ・公示地価が発表されました
 ・米国住宅市場が過熱
 ・野村ホーム解散
 ・マンションバブル?
 ・千葉県不動産ニュース
 ・マンションの構造計算書偽造
 ・ 地価上昇でマンション正念場
 ・容疑者を威圧的に攻め立てる
 ・構造計算書偽造・続編
 ・重畳的債務引き受け
 ・悪者探しでバタバタ潰れる
 ・被害者対策
 ・欠陥住宅への対策
 ・被害者救済
 ・参考人招致を見て
 ・責任追及よりも前に
 ・確信犯かな
 ・児童福祉施設の民間運営
 ・マンション業者の保険加入義務
 ・2006年公示地価
 ・分譲住宅にも保険義務化
 ・1.25出生率と不動産
 ・不動産取引価格の公表



仲介手数料半額・中古マンション

サブコンテンツ

このページの先頭へ