建築・建物・住宅

建築や建物に関する話題を集めました。地盤や付帯設備などの建築事情や施工会社と施工などについて。間取りや暮らし方についても。

 ・熊本地震から1年…地震対策はされてますか?
 ・揺れやすさマップが見直されます
 ・せっかく購入した家。綺麗に住むのとそうでないのとでは将来売却などを考えた時に売却代金に差が出ます。
 ・リフォームとリノベーションの違い
 ・敷地境界に(ブロック)塀がある場合の注意点(その2)
 ・鉄骨造の家といってもいろいろあります。
 ・素敵な部屋を作る為に、インテリアを構成する要素をチェックしましょう!
 ・中古住宅のローン控除利用。物件選びの内見時から注意を向けましょう。≪戸建編≫
 ・トイレは10年ほどで故障や不具合が出てくる?!最近のトイレ事情とは?!
 ・3種類の『耐震基準適合証明書』
 ・住宅履歴情報(いえかるて)の役割
 ・建物の天井裏を点検できるロボットが開発されました。
 ・旧耐震マンション 住宅ローン控除と耐震基準適合証明書≪3/3≫
 ・旧耐震マンション 住宅ローン控除と耐震基準適合証明書≪2/3≫
 ・旧耐震マンション 住宅ローン控除と耐震基準適合証明書≪1/3≫
 ・いよいよクリスマスにシーズンなりました。
 ・自宅には収納スペースが不足している?!
 ・家建てロボット登場。4~6週間の工程が2日に短縮!
 ・みんなでつくるお部屋の写真集『RoomClip(ルームクリップ)』をご存知ですか?
 ・炭素繊維を使った新素材「カボコーマ」があるのをご存知でしょうか?
 ・長期優良住宅とは!?
 ・光を取り込むブラインド
 ・築浅物件ならではの注意点≪中古住宅の保証その4
 ・間接照明の使い方で1UP
 ・中古物件の“法令違反あるある”(戸建住宅)
 ・インテリアカラーはどうやって決める?
 ・居住面積(広さ)の水準が示されています
 ・日本家屋に適した木材
 ・戸建て住宅の外壁塗装の時期は外壁材によって、〇~〇年が目安です。
 ・進むのか、分譲マンションの耐震化に補助金?!
 ・それでもタワーマンションを購入する?
 ・欠陥住宅トラブルは買う人だけが被害者ではない
 ・マンションも終活を考える時代に入りました
 ・空き家が火事になったら責任は生じる?
 ・買う時よりも暮らし始めた後を考える
 ・建築施工の監理(チェック)制度が根本的な問題
 ・マンション生活の快適性は風・熱・音の性能
 ・マンション傾斜問題から考える購入
 ・家づくりは暑さ対策から
 ・大物に育てるなら天井が高い家?
 ・共用施設の必要性と管理運営
 ・さまざまなマンションタイプ
 ・時代とともに変化する住宅事情
 ・地震と同じくらい雨や風による被害想定も大切です
 ・高層マンションの低層階はどう?
 ・管理費等の滞納、住民モラル
 ・国も本気で中古住宅の後押しを始めた
 ・理想では購入者の感情を揺さぶれない
 ・戸建てが最適な期間は10年程度
 ・アパート空室問題は大家さんにも一因が
 ・維持管理をしないと大変なことに
 ・耐用年数の短さは社会の重大問題
 ・自分にピッタリの住戸はどれ?
 ・マンション価格の形成メカニズム
 ・被災しても立ち直れるための住まい方
 ・購入費用を抑えることが一番のエコ
 ・リフォーム前提での購入注意点
 ・家相からみた業界の違い
 ・ホームインスペクション(建物検査)
 ・耐震基準適合証明書で見る現実
 ・多様化する住宅の供給
 ・土地購入と新築の狭間で
 ・耐震基準適合証明書を取得する利点
 ・中古住宅の活性化へ
 ・災害リスクケアの肝
 ・二世帯住宅の計画に大切なこと
 ・目先の価格より建物のクオリティ
 ・建物の方向性を決める流れ
 ・モデルハウス見学の秘訣
 ・新浦安駅周辺被災状況
 ・いまどきの建物設備事情
 ・いまどきのマンション基礎知識
 ・マンション対決。低層VS高層。
 ・ホームインスペクション
 ・新築と中古の中間的な新中古?
 ・ハウスメーカー倒産の責任
 ・アーバンエステート倒産による被害
 ・200年住宅の認定基準案
 ・火山灰
 ・自然倒壊
 ・長期使用製品安全点検制度
 ・優良ストック住宅推進協議会
 ・工事監理
 ・建築工事費の上昇
 ・またまた建売で強度不足
 ・アスベストの一般住宅への影響
 ・頭のよくなる家
 ・地震対策
 ・都市ガス利用の優遇
 ・官民問わずに見逃し
 ・揺れやすさマップ
 ・建物も二極化の傾向
 ・耐震基準に等級が
 ・注文住宅と住宅設備動向
 ・書庫のある家
 ・建売大手でも耐震強度不足
 ・建物以外の付帯工事費用

リニュアル仲介
 ・安心の住宅購入の為、把握しておきましょう。建物状況調査(インスペクション) 徹底解説ガイド!
 ・【後編】「マンションならではの2つの問題!?」既存住宅売買瑕疵(かし)保険の種類と注意点 ≪付保証明書で住宅ローン控除等を使う方法≫
 ・【前編】「マンションならではの2つの問題!?」既存住宅売買瑕疵(かし)保険の種類と注意点 ≪付保証明書で住宅ローン控除等を使う方法≫
 ・「付保証明が出ても減税が使えない!?」既存住宅売買瑕疵(かし)保険の種類と注意点 ≪付保証明書で住宅ローン控除等を使う方法≫
 ・「売主は誰だ!?」既存住宅売買瑕疵(かし)保険の種類と注意点 ≪付保証明書で住宅ローン控除等を使う方法≫
 ・物件引渡し前に外壁塗装を行い、既存住宅売買瑕疵保険付保。住宅ローン減税等が利用可能になりました。
 ・0.5ミリ以上のクラック(ひび割れ)には要注意!住宅購入時の落とし穴?!
 ・眺望・採光が良いルーフバルコニーが“あだ”になる!本部エージェントの現場レポート≪中古マンション編≫④
 ・中古住宅購入時のリフォーム会社には条件があります
 ・「どこでも起こりうる」インフラ老朽化
 ・豪邸でも浮かれてはいけません!本部エージェントの現場レポート≪中古戸建て編≫⑦
 ・買ってはいけない物件を自動でチェック「SelFin」リリースしました
 ・9月1日は防災の日。豪雨や地震に対する公的補償について
 ・内見時、部屋を見るより重要なこと!?本部エージェントの現場レポート≪中古戸建て編≫6後編
 ・内見時、部屋を見るより重要なこと!?本部エージェントの現場レポート≪中古戸建て編≫6前編
 ・「住宅ストック維持・向上促進事業」に採択されました
 ・インスペクション(建物調査)普及へ 中小事業者に機運高まる?!
 ・リフォーム会社に建設業許可はいるの?
 ・住宅は性能が第一
 ・万が一被災したらどうなるの?建物損害調査の流れ
 ・ホールダウン破断の衝撃
 ・多様化するマンション 管理で資産価値を向上する?!
 ・イメージスタイルマップをご存知ですか?!
 ・何の写真でしょう?
 ・中古建物の価格とは?
 ・創るを楽しむ家
 ・不動産購入は「立地」が肝心。その街は「人が集まる街」ですか?
 ・家族が住む家は安全でなければならない
 ・中古住宅購入時に依頼するリフォーム会社の条件とは?
 ・駅徒歩6分の好立地 築36年の古い木造住宅を快適住宅に再生
 ・中古住宅だからといって諦めないで!中古木造住宅購入時の住宅ローン減税
 ・性能向上リフォームで最大100万円の補助
 ・「気にいらないところがどこにもない」限られたリフォーム予算の中で希望の住環境を実現
 ・中古戸建てを安心してお得に購入するには住宅の耐震化
 ・古屋が持つ重厚感。 新築にはない既存住宅ならではの味わいを活かす。
 ・資産価値が目減りしにくい物件を理詰めで選択
 ・中古住宅検討時のリフォーム予算の考え方
 ・耐震補強はもちろん外壁塗装など家を長持ちさせるリフォームを重視
 ・中古木造住宅検討時には建物インスペクションが不可欠
 ・間取り変更+用途変更 賃貸物件を住居へリフォーム
 ・中古戸建て住宅の”不安”は既存住宅売買瑕疵保険で払拭
 ・リフォームは最小限に! 耐震改修+劣化改修で 安心して暮らせる我が家を実現
 ・建物インスペクションをいつ実施すればよいのか?
 ・中古住宅ならではの家づくり 設備も間取りも思いどおりに実現できました
 ・買ってはいけない土地がある?!
 ・活かせるものは再利用。味のある雰囲気で居心地の良い仕上がりになりました。
 ・住宅ローンの落とし穴
 ・「彩り」の住まい/こだわりが随所に光るまるでカフェのようなくつろぎの空
 ・中古戸建てで必要な耐震基準適合証明書とは?
 ・間取りの再構築で快適空間を
 ・過去の取引事例から不動産の「価値」を見定めましょう。
 ・不動産の契約に関する用語解説
 ・建物インスペクションで家屋の弱点が浮き彫りに!
 ・“旗竿地物件”の見るべきポイント!
 ・建築士は罰則規定が背景にある職種です。
 ・中古マンション×フラット35利用のコツ!内見時に見るべきポイント!
 ・住居表示と地番、実はまったく違う
 ・ご存知ですか?ハザードマップ
 ・すまい給付金について
 ・やはり、不動産は立地!
 ・登録の有無は必ず確認!中古マンション×フラット35利用のコツ。
 ・「工法」「構造」によって耐震診断・かし保険ができない場合があります。
 ・コンセプトはリセールバリュー
 ・業者の身勝手!瑕疵(かし)保険に入れないなんて
 ・用途地域は12種類もあります。
 ・2種類以上の用途地域にまたがる場合もあります。
 ・「貯金になる家」「消費する家」
 ・2回の建物インスペクションでようやく辿り着いた安心の我が家
 ・“売主も知らない”告知事項。一般的な書式では見過ごす可能性あり
 ・安い物には理由がある!戸建てで良くあるイレギュラー要素。
 ・リフォーム済み物件それとも購入してからリフォームどちらがいい?
 ・個人信用情報について。今回はCICについて解説します。
 ・親の反対で350万円のロス!早めの調整が肝要。
 ・業者に振り回されない心得
 ・日本の家 なぜ資産にならないのか?
 ・二束三文でも売れなくなる土地
 ・既存住宅売買かし保険を付帯することで住宅ローン減税が適用に!



リニューアル仲介

「大切な財産であるお住まいに、様々な付加価値を提案することで、不動産が正しく評価され、買う方にも売る方にも安心してお取引をいただけるように取り組んでおります。」

サブコンテンツ

このページの先頭へ