鎌ケ谷市:2013年(平成25年)基準地価(13.09.22)

2013年(平成25年)基準地価が、国土交通省より発表された。三大都市圏では全用途で前年比上昇となり、これはリーマンショック以降5年ぶり。

全地点の上昇ではなく総合的な上昇、上昇地点と同数程度の下落地点もある。昨年の政権交代以降の景気回復期待、株高、消費税増税前の駆け込み需要、金利上昇懸念の先取り需要の自然な結果となった。

≪国土交通省が発表した住宅地の概要≫

上昇地点数の割合は全国的に増加。特に、三大都市圏では、住宅地の約3分の1の地点が上昇。

地価公示(1月1日時点の調査)との共通地点で半年毎の地価動向をみると、三大都市圏では後半に上昇に転換。地方圏では後半に下落率が縮小。

低金利、住宅ローン減税等の施策による住宅需要の下支えや景況感の改善による住宅需要拡大等もあって下落率は縮小し、三大都市圏を中心に上昇となった都県が見られた。

平成25年9月:国土交通省土地・水資源局
≪鎌ケ谷市の基準地価≫

・鎌ケ谷市鎌ケ谷9-16-42: 74,500 ( 75,000 ) ▼ 0.67%
・鎌ケ谷市初富31-6: 43,500 ( 43,500 )0.00%
・鎌ケ谷市新鎌ケ谷2-11-8: 220,000 ( 215,000 )2.33%
・鎌ケ谷市新鎌ケ谷2-16-5: 130,000 ( 124,000 )4.84%
・鎌ケ谷市西佐津間1-10-21: 65,500 ( 66,000 ) ▼ 0.76%
・鎌ケ谷市中央2-14-41: 95,400 ( 95,500 ) ▼ 0.10%
・鎌ケ谷市東鎌ケ谷3-17-17: 79,000 ( 79,000 )0.00%
・鎌ケ谷市東中沢3-18-13: 80,800 ( 81,000 ) ▼ 0.25%
・鎌ケ谷市東道野辺2-12-3-9: 86,200 ( 86,500 ) ▼ 0.35%
・鎌ケ谷市東道野辺3-14-47: 74,500 ( 75,000 ) ▼ 0.67%
・鎌ケ谷市道野辺中央4-5-18: 95,700 ( 95,800 ) ▼ 0.10%
・鎌ケ谷市南鎌ケ谷4-9-30: 80,200 ( 80,500 ) ▼ 0.37%

※単位:円/1平米、()内は2012年

日本全体の都市圏、都市圏の中での各地点、それぞれに上昇した地点もあり、下落した地点もあり、印象としては格差が広がったと感じ、高額地点が引っ張る構図は、経済格差と同じか。

地価が緩やかに上昇することは好ましいと言えるが、今後、東京オリンピックによる過剰な熱気で上昇してしまうのは好ましくない。これから購入する人は、この上乗せ分には注意が必要となる。

購入するなら競争力があるものにする、下落しても影響を与えないくらいの予算にすることが考えられ、これは、予算を出して良質な物を買うか、住宅という必須消費財として割り切るかになる。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ