プレシーク:鎌ケ谷市の地域情報

千葉県の北西部の中央に位置し、都心へのベッドタウンとして発展した。面積約21.11平方km。平成25年2月1日現在の人口108,718人。ほとんどは台地面の緩やかな平坦地。梨の栽培が盛ん。

下総台地の台地上で概ね平坦の地勢であり、エリアの中心を東西に北総鉄道(同市本社)、南北に東武鉄道野田線、北西・東南に新京成電鉄(同市本社)が走る。北総鉄道は、2010年度に成田空港への直通運転を予定しており、新鎌ヶ谷駅にて新京成電鉄・東武鉄道野田線に接続し、船橋、柏、松戸、津田沼、千葉と千葉県の主要都市を結び、さらに、東松戸駅では 武蔵野線と接続することから、幕張新都心や東京ベイエリアへもアクセスしやすく、新しい拠点エリアとして期待されている。

江戸時代には小金牧の一部とされ、馬の供給地ともなっていた。市を南北に走る木下街道の宿場町として栄えた。明治に入り、牧が開墾された順番に地名がつけられたが、その最初が鎌ヶ谷市に所在する「初富」である。

隣接市町村:松戸市、船橋市、市川市、白井市、柏市

鎌ケ谷市:生活情報

生活情報 市内のイベント情報,商業施設,飲食店など、
 生活にまつわる話題をピックアップ。
 女性スタッフによる主婦目線から掲載。

鎌ケ谷市:地域考察

地域考察 所在地(住所)ごとに、
 地域の生活や不動産状況について考察。
 教育施設,商業施設,近隣施設などの
 生活情報や公示地価,マンションなどの
 不動産情報を掲載。

鎌ケ谷市:教育情報

教育情報 市内の小学校・中学校・幼稚園・保育園の紹介。
 学校教育情報のニュースを掲載。




住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ