プレシーク:船橋市の地域情報

千葉県北西部に位置し、南北に長い地形は、南は東京湾、北は下総台地に接している。面積約85.64平方km。平成25年1月1日現在の人口612,657人(千葉県2番目)。海老川に船で架けた橋が由来。鎌倉期より見られる地名。昭和12年、船橋、葛飾、八栄、塚田、法典の町村が合併し成立。その後、二宮町、豊富村を編入して現在に至る。

海に近い一部は関東平野に位置し平坦である。市の中部から北部にかけて海抜20~30mの台地が広がり、習志野台を分水界として南は東京湾、北は印旛沼に河川が注ぐ。河川の浸食により樹枝状の谷があり、緩やかな起伏を生んでいる。地域は大きく二つに区分され、ベットタウンとしての住宅地と近郊農業地。南部には商業施設や娯楽施設、工場や企業などの事業用途地も多い。

船橋駅を中心とした南部一体は、駅周辺に加え、ららぽーとなど生活者向けの商業施設が多く、千葉県の中でも柏市と並び商業都市の色を濃い。南側が海のため、発展は限界点に達する。市の南端を東西に、総武線、京成線、京葉線が走り、隣接する市川市、習志野市と繋がる。

中央部は新京成電鉄と東葉高速鉄道、東武野田線が走り、沿線は住宅地として開発されている。鉄道の繋がりから、鎌ヶ谷市、八千代市と一体となって生活圏が築かれている。

北部のほとんどは、近郊農業地と山林などが占めており、住宅地は少なく、バス利用となる。北端に北総鉄道が走り、同線小室駅が千葉NTエリアのなかで唯一の船橋市所在。

隣接市:市川市、習志野市、白井市、鎌ケ谷市、八千代市

船橋市:生活情報

生活情報 市内のイベント情報,商業施設,飲食店など、
 生活にまつわる話題をピックアップ。
 女性スタッフによる主婦目線から掲載。

船橋市:地域考察

地域考察 所在地(住所)ごとに、
 地域の生活や不動産状況について考察。
 教育施設,商業施設,近隣施設などの
 生活情報や公示地価,マンションなどの
 不動産情報を掲載。

船橋市:教育情報

教育情報 市内の小学校・中学校・幼稚園・保育園の紹介。
 学校教育情報のニュースを掲載。




住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ